赤ちゃんのミルク作りに最適|ウォーターサーバーが便利で安全です

親子

出産準備を始めるなら

靴

ベビーベッドやベビーカーなど育児に使うグッズはレンタルすることで費用の節約だけでなく収納場所の心配もなくなります。赤ちゃんが直接触れるものなので中古でもきちんとクリーニングをしている業者を選ぶと安心です。

Read More..

選び方のコツ

赤ちゃん

哺乳瓶を選ぶ時のコツとしては、まずは素材に注目しておきたいので、ガラスにするのか、プラスティックが良いのかを考え、容量はミルクが飲み切れるかどうかを目安にします。乳首は試してみないとわからないので、大きさと形はさまざまなものを用意しておくと良いでしょう。

Read More..

安心してミルクを作ろう

サーバー

子供のためにできること

生まれたばかりの赤ちゃんが口にするのは、お母さんの母乳もしくは哺乳瓶から飲むミルクです。そして哺乳瓶のミルクは、粉ミルクを水に溶かすことで出来上がります。つまり、赤ちゃんが飲むミルクの主成分は水なのです。赤ちゃんの体は、大人の何倍も敏感です。体に悪いものを摂取してしまうと、すぐに体へ影響が現れます。そのようなことを防ぐために、赤ちゃんに飲ませるミルクには、最大限に気を使う必要があるのです。そこで、ウォーターサーバーを利用する選択肢が生まれます。水道水の水は消毒されていると言っても、塩素くささが残ってしまうなど、100%飲んで安全な水とは限りません。そこでウォーターサーバーの安全な水でミルクを作ることで、赤ちゃんに安心してミルクを飲ませることに繋がります。

サーバーを比較して選ぼう

赤ちゃんに安心して飲ませられるミルクを作るために、使用するウォーターサーバーは何でもいいというわけではありません。同じウォーターサーバーでも、メーカーごとに異なる特徴があるため、家庭の状況にあったものを選びましょう。例えば哺乳瓶で粉ミルクを溶かす場合、冷たい水だとミルクはよく溶けません。そのためある程度の温度が必要となります。この時に赤ちゃんの粉ミルクを溶かすのにちょうどいい温度の水が出せるウォーターサーバーであれば、温度調節の必要なくすぐにミルクを作れます。赤ちゃんがお腹を空かせて泣いている時でも、短時間でミルクを飲ませられます。またウォーターサーバーを家族がどういう状況で使うのか考えて、それぞれの家族構成に合ったウォーターサーバーを選びましょう。

タイプ別で選ぼう

ベイビー

ベビーカーには2つの種類があります。使える月齢や年齢の違い、リクライニング機能の違い、重量や折りたたみやすさの違いなどがあります。選ぶ際には、自分の生活スタイルに合うものを選ぶ必要があります。また、選ぶ時は記載されている年齢や月齢ではなく、子どもの成長や発達に合わせて選ぶことが重要です。

Read More..